BLOG

在宅コールセンターとは

2022.05.12

在宅コールセンターとは
主にユーザーからの製品やサービスについての問合せや依頼を受けるける電話(コルセンター、カスタマーセンター、お客様サポート、カスタマーサポート、テレオペ、カスタマーセンター)の仕組みを、電話を受ける人がそれぞれの自宅で勤務する体制のものをいいます。
在宅かそうでないかは、一般的に電話をかけた人には区別はつきません。

コールセンターは基本的には、お問合せ用の専用電話番号があり、代表電話や営業用などの電話とは区別されます。
お問合せ用の電話番号に対して同時に複数の人が電話をかけてくるので、話し中にならないよう通話をつなぐシステムが必要でした。

従来のオンプレミス型のコールセンター(据え置き型、オフィス型)の仕組み

従来のコールセンター業務を自社で行おうとすると、工事やオペレータ用の専用ブースが必要で大きな費用が必要になりました。このため電話の受付量が増えると、コールセンター専門の会社に委託する方が合理的でした。

オンプレミス型のコールセンターの構内交換機のイメージ

自社でコールセンターを持つと、お客様からの要望のフィードバッグがスムーズにできたり、マニュアルの更新などの作業の軽減することができます。

りもふぉんでは、初期費用がかからず、リードタイムもないので簡単にコールセンターを開設することができます。